上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.05 詰めました。
今年もって表現が良いのかもしれませんが、上手く採れません(泣)

第1弾久留米4セットで、幼虫12、卵数個

第2弾祖父江2セットで、幼虫1、卵数個

第3弾城島4セット、内3セットではそこそこ産んでいるようですが
内1セットは空砲・・・

これでは150どころじゃありませんね(笑)

一応産んでいる久留米は産卵木を追加、再ペアリングもしてみます。
祖父江は再ペアリング済みですので、今回のセットで産まなければ今年はダメですね。

急遽、城島産を3セット追加しました。
内2セットは一昨年の羽化個体で昨年使用しなかったメスを追加しました。

今年も城島産がメインになってしまいそうです。

週末にLEVIN-Gを注文しましたが、10ブロックで止めておきました。
今日は詰込作業、900ガラス瓶で49本ですね。

IMG_0214.jpg


2週間後にどのくらいの使用が出来るのか検討もつきません。

やはり意気込みが無く開始してしまったのがいけなかったのかな。
昨年7月投入組に大きな個体はいないので、6月中にはビン投入したいですね。

となると今日が最後のチャンスです。
どうか予定数までたどりつきますように!

毎度毎度の神頼みです。


前回アップした個体が本日羽化しました。
やはり羽が上手く閉じませんでした。

応急処置(絆創膏)はしましたがどうかな。
付け根の部分から離れているので綺麗には閉じないでしょう。

内羽だけでも綺麗に納まってくれればいいな。
ここ数日の不全成績は1勝3敗。

この辺でストップしてほしいですね。






2011.05.21 掘り出し
すでに蛹化確認してから2週間以上経過していますが
ビン越しにそこそこ大きい事が分かっていました。

82アップした個体の方が大きく見えましたのであくまでもそこそこです。

掘ってみました。


IMG_0162.jpg

そこそこ大きいですね。

掘ったのには理由があり、ほぼ羽化不全であろう個体だからです。

左後足が曲がっていて、何よりも致命的なのは鞘の大きさが左右違っています。

IMG_0164.jpg

私はダメもとで絆創膏で鞘を止めますので羽化後直ぐに、
できれば1日経たない内に補正します。
よって気がつかずに数日経ってしまう事のないように分かっていれば掘ってしまいます。

程度によりますが何回かに1回は綺麗に閉じる事もあります。

お尻が開いたまま固まってしまった個体よりはまだ良いかと思っていますが
これは人それぞれでしょうね。

今年は現時点で2頭の羽パカ個体が出ています。
オスの本格的羽化はこれからなのでまだ増えていくでしょう。

羽パカ個体は見ていて辛くなります。
自然界では生きていけませんね。

このまま蛹のまま落としたほうが良いのかと思うこともあります。

なかなか後ろめたさもあり難しい問題ですが
自分が趣味で孵化させて育てた個体ですので判断も自分で決めればいいのかな。

ペットではなく、落ちればゴミ箱行きになる虫です。
羽パカ個体は使うこともなく、奥に追いやられてしまいます。

思い切りも大切かな。









2011.05.18 再ペアリング
前回心地良いと言った産卵木の齧り音でしたが、
あまりに大きいので確認してみると、ただ木を崩しているだけでした(泣)
産卵の埋め戻し痕すら無く、第1回目は失敗のようです。

もう1ペアは埋め戻し痕はあっても卵が無い(泣)
 
久留米をセットして1週間でしたが、再ペアリングさせてみます。

一応我が家でのエースペアだったので再チャレンジです。

今回は小さなケースを使ってみます。
これならメスが逃げると言う事もありませんね。
逆に事故もあるかもしれません。
3日間一緒にしてみます。

これでダメなら諦めます。

IMG_0158.jpg

だいぶ蛹化した個体も増えてきました。
羽化のピークは6月後半です。

見た目にこれは!
という個体もありませんが羽化不全なく羽化してほしいですね。

今年の傾向としてはメスが予想外に小さく羽化しています。
13グラム後半でも50台に届かない個体が多くなっています。

沢山羽化しても使うのは数個体ですから別にいいのですが
やはり50オーバーすると気持ちは違いますね!

これから羽化する個体に期待しています。



2011.05.16 残念!
今日は更新の予定が無かったのですが少しだけ更新します。

前々回アップした82アップ、前回測った時に右後ろ足がなんか不自然で伸びていました。
ビンから取り出したばかりでささっと測ってケースに入れたのですが
今日再確認してみるとやはり後ろ足の右符節が極端に細くて麻痺しているようです。

おそらく動きまわれば、符節が取れちゃうんじゃないかな。
完品だと思っていましたが残念です。

ま、交尾できれば問題ありません。
どちらにしても来年の話ですね。

昨日ペアリングした城島は人の目も気にせずに交尾に励んでいます。
こんな時は早く引き離した方がいいのかな?

基本的に1週間で離しますが、このままにしておくとパッチンが頭をよぎります。
餌を多めに与えてますが不安になります。

久留米はどのセットなのか分かりませんが産卵木を齧る音が聞こえます。

同じ齧る音なのにビンを齧る音は不快に聞こえ、木を齧る音は気持ちよく聞こえますね(笑)
そこそこでいいので産んで欲しいな。

週末に様子をみてみます。
有精卵があればいいな。





2つ前の記事の写真見ますとやはり右後ろ脚が伸びていますね。
2011.05.15 第3弾
第3弾、最後は城島産です。

産地も良く分からないまま、大型血統として初めて手にしたのが城島産です。

その後なぜか縁があって城島産の数が増え、一昨年には82アップ、
そして今年も暫定82アップ、良い夢を見させてくれた血統になります。

マツノさんにしても止めないまでも縮小される産地で
人気の面からは?マークがつくこの血統、
昨年やりたい事をすべてやったのでもういいかとも思っていました。

しかし今年の初めに行ったマツノ詣で
気かつくと1♂、2♀を連れて来てしまいました。

サイズは♂78.0、♀52.0、51.0

これで止めるどころか、ライン数が大幅増、3ラインの増加です。

地震のこともあったので1ライン少なくすることも考えましたが
丸々太ったメスを見るとやはりセットしたくなりました。

そこで今年は4ラインセットしました。

IMG_0156.jpg


DD79.5×M51.0 

IMG_0142.jpg

IMG_0144.jpg


DD80×F51

IMG_0136.jpg

IMG_0138.jpg

M78.0×DD51

IMG_0148.jpg

IMG_0150.jpg

MD80×M52.0

IMG_0152.jpg

IMG_0154.jpg



今年は久留米4ライン、祖父江2ライン、城島4ラインの合計10ライン



1ペア当たり15×10の合計150を目標にします。

昨年の半分以下になります。
また、すべてうまくいくとも限らないので減る事もあるかと思いますが
この位が身の丈にあっているんじゃないかな。
クワガタになるべくお金をかけずに結果を出す。
これが目標かな。

それともう一つの目標は快適な小屋生活(笑)
とにかく雑虫を減らしたい。

大きな虫かごの中に入っている生活から、
小さな小屋で細々とむしを飼っている生活にシフトしていきたいですね。

地震確立87%、予想津波の高さ5メートル以上の地です。
何時小屋が潰れるか分かりません。
その前に家ですね。

趣味を続けられるうちは、縮小しても続けていきたいと思います。



それと反面教師を一つ、

今日セットをしながら写真を撮っていたのですが
私はメスは小ケースに2頭ずつ入れています。

1頭はセット、そしてもう一頭はそのままケースの中、
4セットしている間外に出しっぱなしでした。

気がつくと日差しを浴びていた事もあり、予備用の50.5ミリが★に・・・
クワガタに直射日光はいいけません!

気をつけましょう!!
こんなミスをするのは私位でしょうね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。