上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、能勢産を幼虫で頂いたり、種付けしていただいたりで
メインと言うわけではなかったのですが飼育していました。
1年間楽しませていただきました、ありがとうございました。

投入が遅かった事もありまして、最近羽化しております。

取り立ててて大きくなったわけではありませんが
飼育者が能勢産に走る気持ちが判るような気がします。

やはり美形ですね。

ディンプルがものすごく少ない。
お尻が早く引っ込む。
大きく羽化する。

どれも長年飼育していてもどこかで壁に突き当たる所を
スムーズにクリアしてきます。

同じお金をかけるなら、
不全が多くでてしまう血統よりも大きく羽化してきた方がうれしいです。
ワイルドから大きくしていくなんて事を一切考えない私にとっては
1年の集大成である羽化が綺麗で大きくければそれで良いんですね。

「大きいものが格好良い!」
「太いものが格好よい!」

マツノさんのホームページにある言葉です。
まさしくこの言葉に魅せられて飼育を始めた者としては過程より結果が
すべてなんですね。

昨年キャパオーバーの頭数をやってみて、多くの不全を出し、
なんとなく飼育が楽しくなくなってきたところに美形の羽化です。

適当飼育の私にとって本当に理想に近い血統です。

ただ、流行ものにものすごく弱いのですが能勢産に走ろうとは思っていません。
どこかで他の人と同じ事をやりたくないという気持ちが働きます。

やはり自分が数年やってきた城島産から83を出してみたいと思います。
今後どのように続けていくかははっきりとしていませんが
マツノさんで城島産をやっているうちは、
いつか当たる事を夢見て続けていきたいと思います。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://svr715.blog95.fc2.com/tb.php/337-2a8979bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。