上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.30 羽化個体
DSCF6730.jpg


今年の1番大きかった個体です。
無事羽化した中では2番目になりますが最大だった個体は羽化後1月で堕ちてしまいました。

久留米産(78.5×47)になります。
サイズは羽化後50日経っていますので81でいいんじゃないかな。

DSCF6733.jpg



データ的に言うと♂15頭中、現時点でセミ化1頭、羽化後★2頭(81、79)
最終ビン交換後★2頭、無事羽化後生存10頭です。

1頭74.5がいましたので足を引っ張りましたが生存10頭の平均は78.5になります。
オスの羽パカは0でなかなかの成績でした。

ただメスについては、バラバラで51.5から46までおり、オスほど安定していませんでした。
また羽化不全も多くて15頭中3頭が羽パカ、2頭が尻出とサイズが小さいながらもイマイチの結果でした。

来年はこのオスと他メスを掛けてみるつもりです。
超大型にはほど遠いサイズですが自己記録は達成不可能ではないと思います。

次回はメスを紹介したいと思います。
スポンサーサイト
2010.07.26 今年の方針
そろそろ今年度の幼虫が出揃いました。
すでにセットは終わっていますが割り出していない産卵木が後1本残っています。

見た感じ沢山は産んでいないと思います。
10もないんじゃないかな?
菌糸ビンの数も後12本ですのでこの範囲でいけると思います。

先日実験用に使った産卵木から採れた卵も今日から孵化が始まりました。
こちらも数日中には孵化が終わると思います。
引き取り手がいなかったら材飼育、もしくはマット飼育でもやってみます。
月末には産卵木も割ってすべてそろえる予定です。

今年は数がかなり多くなりました。

DSCF6695.jpg
DSCF6696.jpg


昨年のように均等に交換が出来なくなると思います。
メスは出来れば2本、オスも3本で羽化までもっていきたいな。

ただ適当管理がそれを許すか・・
ここが問題ですね。

「見ないフリ」今年はこれが方針です!

2010.07.21 クワ用品
先日マツノさんで購入したものがあります。

これです。

DSCF6693.jpg


プレス木ですね。
右がいつも愛用しているマツノさんで言う小ですね。

今回は大を購入してきました。
このプレス木、マツノさんで発注して作ってもらっているそうです。
金属のプレス棒のように円形の板が付いている訳ではないので
オガが上に上がってこない優れものです。

1本、1本、手作りでそれこそ握った感じが違っていました。
材は樫って言っていたかな?
木は良いですね、手になじみます。

これと言って私にはこだわりはありませんが、
菌糸の詰め込みだけは手で詰めようと思ってます。

安い既製品が出れば購入しますが
今年もほとんどブロック購入でしょうね。
頑張って詰めたいと思います。

オアシスも今年はMビンからプラMSに変えた為、かえって本数が増えてしまいました。

700円と400円、見た目以上に価格に勝てませんでした。
MSも今年は60本ありますが、1回目の交換で結果が出なければ
どんどん安いビンに変わっていきそうです。
少しでもOASISで羽化までいく個体が出ればいいですね。

来月にはLビンも数本は用意する予定です。



昨日は里子を渡しに、待ち合わせ場所のマツノインセクトさんに行ってきました。

いつもは嫁のワゴンRで行くのですが昨日は車を借りることが出来なかったので
ワンボックスのマイカーで行ってきました。
やはり2000CCとは言え片道120キロを走るには軽自動車より楽でした。

ガソリン代のこともありいつもは軽自動車を使いますが、
たまにしか行かないので今後はマイカーで行こうかとも思います。
疲れ方が違いました、若くはありませんね。

マツノさんでは相変わらず時間が経つのが早かったです。
貴重な話も聞けてよかったです。

さて、今回里子を引き取っていただけたのはちゅうひさんなんですが、
昨年に続いて引き取っていただきとても助かりました。
私のように趣味でやっている人間にとっては里子先を探すことが一番大変です。
少しプレ企にも参加してみましたが、元来めんどくさがりやな性格から
発送までが大変で気疲れしてしまいました。
来年も出来ましたらお願いいたします!

来年はどうなるか分りませんが、もし引き取り手がいない場合は20ペア1円よりで
オークションに参加するかもしれません。
今から考えるだけでどっと疲れてしまいます(笑)

昨日は帰りに幼虫まで頂いてしまいました。
我が家に来ても良い結果は出せないかと思いますが楽しみが増えました。
幼虫を世話してくださった方々にこの場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました。
気負うことなく楽しみたいと思います。

昨日購入したOASISで1本目の幼虫投入はすべて完了すると思います。
数は多くなっていますが自己記録目指して頑張ります。

2010.07.17 里子へ
先週の幼稚園に続き、今週も里子に15ペアほど出すことになりました。

DSCF6667.jpg


幼稚園に36ぺア、今回とあわせると50数ペア×2、100頭以上が旅立つわけですが
それでも小屋の中はビッシリと詰まっています。

さしあったって78未満の個体はほとんど出してしまいました。

羽化不全個体は残ってしまう事と、まだ蛹、幼虫をやっている個体群(20頭ほど)が居て
その中で小さな個体が羽化してくる事が予想されるので全く居ないと言う訳ではありません。

本音は成虫より幼虫に力を入れたいのですが、やはりスペースが無いことが足を引っ張ります。
幼虫は菌糸ビン投入後、放置状態なのでどうなっているのか分りません。

あまり食痕が見えない事が心配なんですが、こればかりは確かめようが無りませんね。
★になっていればなっているで数が減っていいのかもしれないな。

明日は里子を届けに行ってきます。
ついでに菌糸ビンを追加購入かな。

今年は2本目以降が恐ろしいです。






DSCF6666.jpg


前回卵が無かった産卵木ですが、ここ数日齧っている音が聞えていましたので
急遽、メスをはずし割ってみました。

結果は卵6個、孵化するかは分りませんがここで終了しました。
実は取れなかった時のことを考え、同時に後2セット組んでいましたが
こちらも卵5個、3個、合計14個と予定10個を少しオーバーしましたが何とか10個用意できました。

後は孵化待ちです。
丁度10頭孵化を期待します。

ちなみに城島で

82×51 6個
81×50 3個
82×52 5個

こんな感じでした。
7月末までには孵化して欲しいな。


2010.07.13 セール品到着
EXCEED CRAFTさんでLEVIN-Gのわけあり品を購入しました。

DSCF6664.jpg



今回のセールはブラウンゼリー100個と黄色に変色したLEVIN-Gが20本で4,000円でした。
送料クール込みで1,050円かかり5,050円でしたが良い買い物だったと思います。

ゼリー100個で800円位ですのでLEVIN-Gは1本160円位ですね。
セール品が良いとは必ずしも言えませんが空瓶が使えることを考えると安かったと思っています。

この黄色の変色が幼虫にどんな悪影響を与えるのかは分りませんが、
きのこがビンの側面にびっしり生えているよりは見た目的にも気になりません。

以前、EXCEED CRAFTさんで長期在庫品を頂いたことがありましたが、そのビンはそれなりの結果でした。

空き瓶目当てで頂いたので結果は全く問題は無かったのですが、今回は安くても購入していますので
そこそこの成果があるといいですね。

これで初齢投入のビンは揃ったと思います。
そろそろ2本目のことも考えないといけないな。

今度マツノさんに行くことになったら2本目用にLとMを少々購入してきます。
2本目は大きな個体はガラスに入れる予定ですが果たして大きな個体が出てくれるでしょうか。
8月末までには20本ほど交換する予定です。




2010.07.11 産卵木その後
DSCF6657.jpg


1週間前にちょっとセットした産卵木ですが、今日確認すると
齧ってはいるようですが卵の確認は出来ませんでした。

一度産卵を終えて1月あまり経ちますのでまだエンジンが
かかってこないのかな?

止めようかとも思いましたがもう1週間だけ延長してみます。
来週駄目なら止めようと思います。

今年は菌糸ビンもいろいろと試してみます。
今日は「PIT」が届きました。

プレ企で頂いたものですが、タイミングがすごく良かったです。
現在、OASIS-MS,LEVIN-G,LEVIN-GSP、AG,WISH-A、PITと6種類使うことになります。

我が家の昨年の結果はどの菌糸ビンでも大きく差は出ませんでした。

安くて、大きくなる菌糸ビン、これが理想ですね。
2010.07.08 ショック!
一言で言って管理不足なんですが、
今年の最大個体だった久留米が★になってしまいました。

幼虫やら、新成虫の掘り出しやらでケースの確認をしていなかったのですが
先ほど見るとひっくりかえっていて動きません。

やってしまいました(泣)

大きかっただけにVIP待遇で小ケースに移していたのですがかえってマットが乾燥しており、
また足場も作っていなかったことが災いとなってしまいました。

仕方ないと一言でいえないほどショックは大きいのですが
生き返るわけではないので諦めます。

ディンプルの無い美形個体でしたので標本にしようかな。

羽化が6月11日でしたのでほぼ1ヶ月、
体長81.5、頭幅28.2、記憶にだけは残しておきたいと思います。


DSCF6656.jpg

2010.07.05 ちょっとだけ
昨日の産卵木を5日間だけセットしてみます。

目標10、あくまで実験です(笑)

DSCF6650.jpg


A材の端材は今シーズン使った産卵木の中で一番良いんじゃないかな。
人間から見た感想でメスはどう思うか分りません。

サイズは10センチ位です。
縦置きが良い感じでしたの縦に置いて見ました。

DSCF6652.jpg


近頃はワールドカップをエアコンの効いている小屋で見ることが
多かったので1時過ぎまで電気が付いていました。

メスのことを考えこれも以前カーテン屋で切れ端として売っていた
遮光カーテンをかぶせてみました。

DSCF6653.jpg


さて5日後どうなっていますか。
2010.07.04 詰めました。
今日は1日天気が良かったですね。

こんな日はビン洗い日和です。

新成虫もほとんど羽化しました。
後は昨年8月にビン投入した久留米とセミ化幼虫くらいでしょうか。

何とか目標だった久留米で80アップは先日載せた個体で達成できました。

今年の最大は♂81、♀53です。
81は種親♂78.5、♀47からですのでメスの大きさは必ずしも50オーバーじゃ無くてもOKですね。
それでも私は大きなメスが好きです(笑)

昨年最大だった幼虫は、思ったとおり羽化不全に終わりました。

大型幼虫は羽化するまで分りません。
先日松野さんで36グラムから80ミリで羽化した個体を見せてもらいましたが
幼虫時の体重は参考程度だと改めて思います。

でも大きいにこした事はありませんね。
25以下から80オーバーはなかなか出てこないと思います。
幼虫のグラムを測ることもこの趣味の醍醐味ですね。

今日はブロックが10ブロック届きましたので早速詰めてみました。
50近く詰める詰めるつもりだったのですがWISH-Aは微粒子ということもあり
38本しかできませんでした。

DSCF6649.jpg


現在カップ管理は36個、卵5個です。
オアシスの残が18本、AG残が3本、このままだったら十分足りそうです。

プリンカップから数本ビン投入しましたが、幼虫が落ちているラインは結構な数消滅していました。
前回卵が小さかったラインです。

やはり弱いのかな?
どの位残るのか分りませんが経過を追いたいと思います。

DSCF6648.jpg


この産卵木は先日ドルクスルームさんで購入したA材の端材です。
ほだ木の切れ端ですね。

この短い木なら少ない数採れるでしょうか。
ちょっと実験してみようかな。

小さな産卵木は売っていませんね。
一般に売っている産卵木はおおよそ同じ大きさですよね。
何か根拠があるのかな?





2010.07.03 余りそう
7月1日の記事に菌糸ビンについて悩んでると書いたのですが
結局きのこの山さんでブロックのセールをやっていたので10ブロック注文してみました。

10ブロックでおおよそ50本、現在の手持ちとあわせて80本あれば足りるとの考えからでした。

しかし、前回の記事から城島の幼虫を欲しい言ってくれる方がおりまして合計25頭今日発送しました。

となると・・・そうです。

菌糸ビンが余ります(笑)

実際は余るかどうかは現段階でセットしているラインがありますのでわかりませんが
余りそうな感じがしています。

最終セットは能勢なんですが厳しそうです。

余れば余ったで5月投入組がありますので1月間熟成させれば来月には使用することも出来ますね。
心配はしていませんがなんかタイミングが悪かったです(笑)

能勢がうまくいけばこんな良いことはないのですがこればかりは虫に聞かなければ分かりませんね。

今回はやはりラインが多すぎたことが原因ですが、小屋のキャパと自分の能力を考えればどの位が
限度かは分かっているつもりですので来年は気をつけます。

今回プレ企画に幼虫を出したのですが全く知らない人に差し上げるって事もいくらたいした幼虫ではなくても
あまり良い気分ではありませんでした。
出来れば知っている人に渡したいですね。
周りから欲しいと言って頂ける様、もう少し頑張らないといけないな。

今年は採りたい虫から採れない事が続き結構ストレスが溜まりました。
このストレスから解消されるよう来年はブログタイトルを目指して頑張ろうと思います。




2010.07.02 卵の大きさ
私はせっかちな性格で卵での割り出しが多いのですが、
今年採ったラインで極端に卵の大きさが小さなラインがありました。

親のサイズは♂80、♀48です。

♀48は今の基準で行けば大きくないかもしれませんが決して小さなメスではないと思います。
この♀から採った卵がとても小さく、しかも大きくなることなく幼虫が孵化してきます。

DSCF6647.jpg


写真では解りにくいのですが右の卵、幼虫がこれにあたります。
いずれの幼虫も今日孵化した幼虫です。
この個体だけというわけではなく20頭すべてがこんな感じです。

発育不全なのかな。

まだ菌糸ビンへの投入をしていないのでなんとも言えないのですが
マットの中ですでに落ちている可能性もあります。

極端に小さいと不安になりますね。
小さく産んで大きく育つ、オオクワの世界にはこんな言葉は当てはまらないような気がするな。

2010.07.01 悩むなー
今年は、城島を採り過ぎてしまったのは以前の記事にした通りなんですが
城島以外は、祖父江、能勢、久留米といずれも失敗に終わっています。

本当は城島50%、久留米20%、祖父江20%、能勢10%位でいければ
いいなと考えていましたが大きく計画が狂ってしまいました。

現時点では城島87%、久留米10%、祖父江3%、能勢0%と圧倒的に
城島が多くなってしまいました。

城島の採れ過ぎてしまったラインの里子先を探すも、
あまり手が挙がらなかった事もあってプレ企画に数頭出して後は自分で頑張るしかありません。
この子供が大きくなれば自信を持って薦めることが出来ますが、正直わかりませんね。
大きくなって欲しいな。

マット管理はどんどん加齢してきてしまうので、これ以上里子先を探してもいられないのが現況です。

城島以外をもう少しやりたかったな。
悔やんでいても仕方ないので前向きに頑張りたいと思います。

そこで悩みは菌糸ビンをどうするかです。

今年はLEVIN-GSPのブロック詰めをメインに、OASISMSを50本、
AG650を20本、と使ってきましたが卵を含めればまだ50位残っています。

OASISは、後が大変なのでとりあえず50本で打ち止め、
通常はLEVIN-GかGSPのブロックとなるんですがすでに詰める容器がありません。

そうなると既製品を購入しなければなりませんね。

既製品=値が張る!
いろんな菌糸ビンを探しましたが一番安いのがDOSさんのクヌギ、クリアボトル210円、
また、きのこの森さんでセールをやっているWISH-A、K231円、
LEVIN-GSPは280円、

いずれも50本位になると値が張ります。

中身はおいといてDOSさんのクリアボトルは次回使う時には重宝します。
クリアボトルは洗うのも楽だし、何しろ詰め替えても綺麗ですね。

ただ微粒子なんだよな。
持ちが良くないことと雑虫が良く湧くことが難点です。

WISH-A,Kも微粒子ですね。
供給が安定しているところが好きなんですがブロックが高い、
次回以降が大変になります。

いつも使っているLEVIN-Gは既製品はロットによってはずれがたまにあります。
ブロックはいいのですが既製品は高い!

こんなところで悩んでいます。
安くて良い菌糸ビンがあれば教えて欲しいのですが、なかなかバランスが難しいですね。

現在、気持ちはクリアボトルに傾いています。
クリアボトルだけで110円、となると中身は100円、城島は数もありますしこれで
行ってしまおうかな。

来年はこんなことを悩むことなく計画的にやりたいな。


DSCF6639.jpg


今日、大分のドルクスルームさんから購入したA材の端材が届きました。
まだ採るのか?って、そんな事はありませんがどんなものか気になっての購入です。

大きさはまちまちですが結構使えそうな感じがします。
1年間熟成させて来年使ってみようかと思います。

いっそこの端材で材飼育でもやってみようかな、
やっぱ小さすぎるかな?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。