上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.27 08年最大個体
巷を騒がしてる?ギネスオーバー、
一気に85を突破ですねー。

フォレスタさん、ちゅうひさん、期待してますよー。

85を聞いてしまうと物足りない感もありますが我が家の08年最大個体を紹介します。

正直種親サイズを考えるとここまで大きくなるとは思っておりませんでした。
努力らしい努力はしていませんが目標にしていた大きさをクリアできた事は
素直にうれしく思います。

最大体重28.3グラム、最終交換が1月12日で27.2グラムでした。

この兄弟には30.3グラムが最大個体だったのですが最終的には79.5でした
グラム数も単純に羽化サイズに結びつきませんね。

頭幅は28.2ミリ、サイズは81.5かな。
顎の長さで大きさをかせいでいるような気もしますがこれはこれでいいでしょう。
ただ若干ティンプルが気になります。
これがあると美形の要素は大きく減点ですね。

来年もこんな個体が見られるといいな。

今年は城島は1系統のみですので組み合わせも何もありません。
運がいいか悪いか二つに一つですね。

幼虫もなぜか一番多く採れてしまいました。
当たれば楽しみ倍増、外れたら辛い飼育となりそうです。

結果は3月後、ここでほとんど決まってしまいますね。
怖くもあり、楽しみでもあります。



Image079.jpg










スポンサーサイト
6月は初めに1度失敗している久留米でしたが、菌糸ビンの購入数を
決めるため試し割りをしてみました。

産卵木2本、綺麗に齧っていて今回は大丈夫そうです。
今回はケースを暗いところに置いて2週間ほとんど確認することも巻く
万全の体制をとりました。

まあ試し割ですので卵が1個あったらやめるつもりでした。

メスは2本とも産卵木を半分に割る勢いで齧っており、
1本目は中がくりぬかれた状態で
2本目を齧っているようでした。

そこで1本目に埋め戻し痕がありましたので丁寧にドライバーを入れると
卵が無い??

そこでもう少し割ってみると卵が黒くなっている・・・・
不安な気持ちを抑えつつも掘り進めましたが
1本めからはまともな卵が見つかりません。

メスを退避させ2本目も割ってみましたがやはり・・・・

今年1番期待のペアだったのですが・・・・

幸いにも予備でセットした他系統の久留米がそこそこ産みましたので
総数100はいくと思いますがなんとも寂しいスタートとなってしまいました。

都合産卵木4本、卵は確認できましたが孵化しないということは
ペアリングがうまくいっていなかったのか?

すでに時期も時期ですので今年は諦めます。
ただ諦めてしまうにはあまりに惜しい個体ですので来年再チャレンジしてみます。

うー残念!!







2009.06.18 80アップ
08年度の個体も蛹は片手ほどになってきました。
最後に期待していた個体は羽化後2日、本日黒くなって★となりました。

サイズは思ったほど伸びずに78ぐらいでしょうか。
しかし頭幅は28ミリありました。
頭幅のある個体はそう沢山はいないので残念です。

あと残っている蛹は見るからに小さいので今年の羽化はほぼ終了となりました。

写真はチョットぼけていますが現時点で81アップの城島産です。
6月1日羽化、最大体重28.7グラムだった個体です。

親は一昨年マツノさんのセールで購入した77.0とオークションで落札したDさんの50.8でした。
オス12頭中1★1羽ぱかでしたが平均が79と当たりペアでした。

同じ飼育条件でも組み合わせによって大きく変わりますね。
同じオスにマツノメスを掛けた子供は全く大きくなりませんでした。

こうして成功と失敗を重ねながら大型血統を作っていくんでしょうね。
膨大な時間と手間がかかっていることと思います。

テキトーでしたが温度管理1年目でこんな個体にめぐり合えてうれしく思います。
また来年めぐり合えるといいな。

ここまで導いてくれたすべての人に感謝するとともに来年もめぐり合えるよう
頑張りたいと思います。


Image068.jpg
2009.06.14 管理タグ
今日は朝から部活の送り当番と言うことで浜岡の総合運動場まで行ってきました。
朝6時から夕方6時まで子供はもちろんですが先生も大変だとつくづく思いました。

さて羽化も9割を超えてきてもう楽しみな個体もあと1頭です。
80アップは分かりませんが無事に羽化して欲しいものです。

昨年は9ペア組んで既にすべて羽化した組み合わせもあります。
そこで管理タグを作ってみました。

一昨年は作っていたのですが昨年はやめていましたので2年ぶりです。
なかなか自分の形と言うものがありませんので試行錯誤になりますが
今年はこの形でいってみたいと思います。

やはりタグがあると気持ちがいいものです。
サイズが大きければ尚更ですね。

Image059.jpg

2009.06.11 飼育ケース
羽化個体も多くなり里子に出すにしても一時的に保管ケースが必要になってきました。
100均のケースは高さが無いのでオスが蓋の隙間に顎を突き刺し抜けなくなっている
のを何度も見ています。そこで今はスタックミニを使っています。

このスタックミニも難点があって通気性があまり無い為マットがグチャグチャになってしまうことが
多いですね。

スタックミニも仕切りを購入すると1個300円ほどになりますのでそれならと言うことで
デイキャッツのデジケースHR-1を買ってみました。

このケースは仕切りつきで1個当たり210円と100均のケースに防ハエプロテクターを
つける金額と同じくらいになります。

ためしに12個買ったのですが通常のミニケースよりサイズが一回り大きくてオスを入れるにも
適していると思います。

追加して16個、合計28個購入しました。
スチールラックに並べましたがすっきりと並びました。

まだ管理シートを作っていないのであまり綺麗ではありませんが追々やっていこうと
考えてます。

またこれで統一感が失われてしまうな。
自分の悪い癖ですね。

Image046.jpg


2009.06.08 飼育頭数
新成虫の羽化も後数頭になってきました。
飼育スペースの関係で羽化後10日ほどで掘り出していましたが
残り少なくなってきたので掘り出さずにそのままにしてあります。

よさそうな個体もいるんですが80を大きく超えているようには見えません。
月末迄にはすべて掘り出す予定ですが80アップが1頭でも出ればいいな。

1.5坪のスペースにスチールラックが2つ、そんな中でペアリング、
菌糸ビンの用意、掘り出しをやっていましたのでさすがに圧迫感が大きく、
我が家の飼育頭数の限界もいやおうなしにも見えてきました。

昨年は幼虫が最高時は210頭強だったと思います。
私は割り出しが早くて卵で割り出す事も多く、
孵化後1日で菌糸ビンに投入してしまいますが意外に消滅も少なく
第1回交換時に★になったのは10頭弱でした。

さすがに2回目、3回目と交換していくうちに落ちていく個体も出てきて
最終的には180頭弱が羽化してきました。

昨年羽化した個体は80ほどでほとんど引き取っていただきましたが
1昨年羽化した個体もまだ20ペアほど残っていますので
総数は200越えしています。

こうなると保管場所もないんですよね。
本当にケースの山になってしまいます。

大型飼育1年目でしたので少々無理を承知でやっていましたが
実際にいまの現状は想像以上にキャパオーバーでした。

幸か不幸か現在幼虫が少ないのですがやはり来年も続けたい、
また新しい血も入れてみたい、しかしこれ以上増えてしまうのも・・・・
ジレンマと戦っています。

80ミリ以上しか出ない血統のみを10ペア位完品で羽化させる。
そんな理想を描きますが、それはそれでつまらないのかな。

なかなか答えも出せません。

とりあえず里親探しを本格的に行なわないと来年のブリードどころ
ではなくなってしまいますね。

大事に飼育してくれる里親が見つかりますように。








2009.06.04 参った
今年のメインであるファレスタさんから託された久留米♀2頭から幼虫が採れません。

4月26日より1週間ペアリング、その後セットを組んで2週間、2週間後に試し割り
したところ全く産んでいない事が発覚、さらに1週間ペアリング、第2セットを組んで
今日試し割りをしたところ産卵痕はあったのですが卵も幼虫0です(泣)

2回ペアリングをしているので掛かっていないとは考え辛いのですが・・・

またもう1頭の♀50ミリは違うオスと掛けたのですがこちらもも材の齧りはあるもの幼虫0、
想定外の出来事に戸惑っております。

2本目の材は1本目と違うところから取り寄せたので材の問題ではなさそうです。
となると相性の問題化?、それとも温度??♀の気まぐれであって欲しいです。

急遽先程再再ペアリングをしましたが6月中の割り出しを考えるとギリギリですね。
今回失敗するとかなり今年のブリードは諦めなければなりません。

すでに他で30頭ほど幼虫を採っていますのでゼロにはなりませんが
もし失敗すると今年は寂しいブリードとなってしまいそうです。

出だしから壁にぶつかってます。

フォレスタさん、もし採れなかったらごめんなさい。
最悪来年再チャレンジしてみます。








2009.06.03 残念!
今年大きさが最大だった城島産のオスが羽化しました。
最大といっても30.5グラムですので近頃の大型化の波には乗り遅れている感もありますが
今年の最大の期待個体でした。

瓶越しに無事羽化を確認しておりましたので固まるのを待って今日測ってみると・・・

惜しい!

79.7ミリ!

80には届きませんでした。
羽化してまだ10日ほどですのでもう少し縮むと思いますが今年の80ミリ達成は遠のきました。

現段階で79アップは3頭、今年は1ミリの壁が大きく立ちはだかったようです。
あと残っている幼虫時28オーバーの蛹は2頭、同じ城島産なので期待は薄いです。

来年への楽しみが残ったと言えばかっこいいのですが本心は達成しておきたかったです。
親は77.0でしたので親越えはクリアできました。

現在割り出し、羽化個体の移し変えなどで小屋の中は足の踏み場もありません。
やはり200頭飼育は無謀でした。

今年は自分の背丈にあった飼育頭数で頑張りたいと思ってます。
ただ虫任せの産卵、どうなりますか。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。