上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.21 産卵木
今年の産卵木は奈良オオのセール品を使ってみました。
クヌギA材と+埋め込みマットで3,129円、送料を考えてもお得な買い物でした。

A材は太目が16本、細目が11本で見た目もよく、
これだけあれば十分だと思っていました。

が・・・・・

本日新たにドルクスルームさんからA材15本を取り寄せました。
どうも我が家にはクヌギA材が合っていなかったようです。

太さ、見た目ともによかったのですが何よりメスに嫌われていて
今年のエースのセットからは幼虫が1頭も取れませんでした。

齧っていましたので安心していたのですがためしに割ってビックリ、
割れども割れども幼虫はもちろん卵すらありません。

他のセットも齧り具合が昨年に比べて低く心配です。

オスと同居を1週間しましたので交尾はすんでいると思います。

もちろん産卵木の責任では無い可能性の方が高いのですが
時間もありませんので昨年使った材を急遽取り寄せました。
週末セットで間に合うかな。

6月中に割り出したいのでギリギリですね。
昨年7月に割り出した個体は大きくなりませんでした。
その為6月中に割り出す予定で動いていたのですが緊急事態です。

FS血統何とか産んで欲しい。

なんか今年は出だしからつまずいてます。
スポンサーサイト
2009.05.19 羽パカ
オスの羽化も始まりました。

やはりメスと違って羽パカが多い(泣)
今日は羽パカ2連発・・・これで3頭目。

1頭は今日羽化の個体、こちらは人口蛹室に入っていましたので
直ぐにわかったのですがまだ羽が柔らかくそのままにしてあります。

もう1頭はガラス瓶に入っていた個体で今日ガラス瓶を確認すると
羽化が始まって2日位経っていたのかな。

外から見えにくい位置に蛹室を作っていましたがそっとライトで照らすと羽が鋭角に開いてます。

早速掘って緊急手術、カットバンで閉じてみました。
まだ固まってはいませんが羽がかなり開いた状態なので閉じるのに苦労しました。

何とか閉じてみましたがうまくいっても羽に傷か残ってしまいます。
無理やり閉じてますのでお尻も出てしまうかもしれません。
この個体は最終グラムが27を超えていたのでショックも大きかったです。

大型になるとリスクも大きくなるのは承知していますが出来れば回避したいですね。

写真は痛々しかったので撮りませんでした。

羽化2日目にして触っておりますので落ちてしまう確率も高いと思います。
もし生きていたら結果をアップしたいと思ってます。



2009.05.10 オス羽化
我が家のフォレスタ久留米のオスが羽化し始めました。
親は05年羽化の77.5×49ですね。
1昨年おじゃまさせていただいた時に頂いたペアです。

我が家では77.5は昨年ブリードしたオスの最大個体でした。
ありがとうございました。

05年羽化との事で昨年早めにブリードした事もあり菌糸ビン
投入から丁度1年位になります。

幼虫の最大体重は29.0、30グラムまでは届きませんでしたが
オス16頭中5頭が26グラムを超えました。
だたむらもあり、9頭は23グラム以下と伸びませんでした。

26グラムを超えた4頭の内すでに2頭が羽化しています。
写真はその内の1頭、最大体重27.7、最終体重25.5の個体です。
菌糸ビン4本返しでLEVING800-LEVING1400-LEVING1400-LEVING1400です。

羽化してまだ10日ほどですので早いことは承知していますが
スペースの確保と雑虫駆除のため掘ってみました。

現時点のサイズは78.5位でしょうか、縮むことを考慮しても自己記録更新は確実です。

やはり昨年までの個体に比べて大きく感じますね。
とてもきれいな個体です。

ただ80アップのフォレスタ久留米を散々見てしまった後ですのでなにか物足りない感もあるのかな(笑)

たった2ミリ、されど2ミリ、80アップの個体との差はまだかなりありますね。
厚みと横幅がもう一回り欲しいです。

親の77.5は昨年すでに★になってしまいましたが厚みは親の方があったような気がします。
77.5とは言ってもフォレスタさんの測り方がシビアなだけで最大では79近くありました。
本当の親越えにはなっていないかもしれません。

もう1頭は羽化して5日ほどですのでサイズは測っておりませんがこちらもほぼ同じくらいです
まだ最大29グラムの個体が蛹ですので1ミリでも大きく羽化してくれるとうれしいですね。

Image1050.jpg


フォレスタさん、1年間楽しませていただきありがとうございました。
またすべての羽化が終わりましたら管理表を送らせていただきますね。













2009.05.06 1周年
クワ小屋を設置してから丁度1年になります。

本格的??温度管理で1年、蛹も続々羽化してきました。
まだメスが多いのですがメスも50オーバーをするであろう個体もチラホラ。
(大きく縮まない事を祈ります)

ブログタイトル「目指せ50オーバー」は達成できそうです。

温度管理といってもエアコンは夏場だけ、冬は夜間にミニオイルヒーターをつけて
いただけですので本格的には程遠かったかもしれません。

ここで改めて思うのは血統の重要性でしょうか。
08年、我が家のクワガタはフォレスターさんを初めとするマツノ血統でした。

肝心のマツノさんから購入したペアの成績がいまいちだったのは愛嬌ですが
お譲り頂いた方々に感謝するとともに次なるステップ80オーバーを目指して
、また1年頑張りたいと思います。

来年は今年の親より1ミリ大きな79です。
メスもFS血統、よい結果を出せ無い方がおかしいのかな。
来年よい報告が出来るといいな。

ブログタイトルは「目指せ80アップ」に変更しようと思いましたが、
期待をこめられて頂いた血統ですのでここは大きく
「目指せ82アップ」でいこうと思います。

あくまでも目標です(笑)


Image1046.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。